院長コラム

院長 林幸則が贈る「歯」「健康」にまつわるコラムです。不定期で掲載させて頂きます。

第四回:シュガーレスって何?

シュガーレスって何?

よく、ガムや飲み物にシュガーレスとかカロリーオフとか書いてありますね。

患者さんの中には、『そう書いてあるから虫歯とか歯周病になりにくいんでしょ。』とおっしゃる方も多いようです。

確かに、不明瞭不明確な表現です。あたかも消費者の立場に立ったかの様なこんな表記には、惑わされやすいかもしれません。

専門的に裏面の内容表示を確認してみると、確かにその様な傾向を認めないことは無い程度の内容組成であることがほとんどのようです。

現在、政府も消費者省を作るべく努力をされているようですが、ミートホープや吉兆などを槍玉に挙げるだけでなく根本から消費者、国民の立場に立った管理監督をして頂きたいものです。

日本の『食』を考え直しましょう!

現在日本の『食』が崩壊しつつあることを私は強く感じています。特に野菜です。諸外国を旅するごとに、必ずスーパーマーケットに立ち寄ります。

どこの国に比べても日本ほど美しい野菜を見つけることがありません。違った視点で考えると、日本の野菜は形ばかりで内容を伴っていない可能性があります。

実際、昔のトマトの味と現代のトマトの味を比べてみたとき、なんとも言えない水っぽい感じを、今のトマトに感じる方も多いと思います。

その専門家のお話によると、現在野菜から摂取されるべきミネラルが体内に不足しているそうです。

本来、食とは健康のために、健やかな成長のために行われるべきことですが、色々なことにゆとりの無くなっている現代において、 ともすると値段であったり、見栄えであったりすることが選択の基準となってはいないでしょうか?

どうも、口幅ったい表現になってしまいましたが、もう一度よく考え直したい重要な点であるような気がします。