院長コラム

院長 林幸則が贈る「歯」「健康」にまつわるコラムです。不定期で掲載させて頂きます。

第十七回:抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

歯を抜いてすぐに、その日とか一週間後とかにインプラントを埋める手技のことを抜歯即時インプラントと言います。

ちょっと聞いただけでも良さそうな方法に思えると感じます。

確かに今までの、抜歯して、その部位の骨が完全に治る6ヶ月を待って、 それからインプラントを植えて、またそれが安定するまでの3〜4ヶ月の期間のうち、 骨の治る6ヶ月を省略して短縮できるわけですから、いいことずくめのように受け取れます。しかし、少々問題はあります。

  • 01. 骨の状態が良くないと手術が失敗する可能性が通常の方法に比べて高まる
  • 02. インプラント周囲にできる骨の状態が不安定なことがある
  • 03. その結インプラントの寿命に影響が出ることがある

しかし、少々難しい手技ですが、骨の状態など条件さえそろえば、患者様サイドに立ったすばらしい方法です。当然当院の得意な方法です。ご遠慮なくご相談下さい。