歯を失ってしまうと…

歯を失ってしまうと…

歯を失って初めて分かることは、食べ物をしっかりと噛めない辛さでしょう。

歯を失ってひき起こされる体への影響

01 消化器官に負担が掛かる

02 老化が早まる

03 顎の骨や筋肉の退化

04 発音や会話にも影響が出てくる為、人前で話したくなくなる心理的負担

05 歯が抜けていることを気にして人前で口を開けなくなる

06 自然な笑顔を見せることができなくなる

上記のような影響がでてくる可能性もあります。 ひいては社会生活に支障をきたす事にもなりかねません。
歯を失ったことによる日常生活での不満を解消するために、ここで紹介させて頂いた方々以外にも、
インプラント治療を受ける方々が年々増加しています。

インプラント経験者からの声

治療前と治療後の対比

術前

術前

術後@

術後@

術後A

術後A

治療を終えられてのお話

この方は左下のインプラントを希望されて始めましたが、現在右下を終えられました。
術前より10歳ぐらい若く見えると周囲の方からも言われるそうです。
手術も全く痛くなく、腫れないし、出血も無く、入れ歯とは比べものにならない快適さに、ご自分から右上もインプラントしたいとおっしゃって準備中です。

症例A

症例A

治療を終えられてのお話

以前入れ歯をしていた私は、入れ歯と歯ぐきの間に食べかすが入るたびに食べにくかったり、痛い思いをしたりと、食事をするときはいつも困っていました。

費用面や手術が必要とのことで、最初は躊躇しましたが、先生からインプラント治療の説明を受けるうちに「食生活で困りたくない!」と言う想いが強くなり、治療を決めました。

手術なども、特に痛みは無かったですし、手術してから歯ができるまでの3ヶ月間が、特に長く感じなかったのも良かったです。 今では、自分の歯と同じように食べられるので快適です。

ハブラシなどのメンテナンスも自分の歯と同じようにできるし、自然な見た目も気に入っています。 はじめは金額的に高く感じましたが、今はそれ以上の価値を感じています。

症例B

症例B

治療を終えられてのお話

最初は怖かった手術も、思っていたほどの苦痛はありませんでした。
ゆっくりと確実に治療してもらえましたので、とても安心できました。

もともと、入れ歯のときは違和感が強かったのですが、インプラントはまるで新しく歯が生えたみたいな感覚で、 硬いものをかんでも何の問題もありませんし、味覚や食感も良いので、毎日の食生活がとても楽しくなりました。
自然に笑うことができるようになりましたし、見栄えも良くなりました。ハブラシも他の歯と同じようにできて手入れが簡単です。
確かに費用はかかりましたが入れ歯よりずっといいですし、値段分の価値は十分ありました。