矯正治療概要

矯正治療をご理解いただくために

歯並びの治療、矯正歯科治療をご理解いただきやすいように、知っておいていただきたいことを、想定される場面ごとにまとめました。 良くご理解いただいて、今後の参考にしていただきたいと思います。歯並びに問題のある方、これから子育てをされる方には是非お読みいただきたいと考えています。

歯並びの治療を検討されている方に

イメージ画像

歯並びの治療を開始するにあたり、

 【01】 保険が効かず、高価というイメージであること
 【02】 最終的にいくらかかるかが不明瞭であること
 【03】 どの様な支払い方法があるのか?ということ
 【04】 長期間の通院が日常生活に支障を与えやすいこと
 【05】 転勤などで治療を継続してできるかどうか分からない
 【06】 装置の違和感や見栄え、治療中の痛み、
               あるいは根の吸収や後戻りが心配であること
 【07】 各医院の技術レベルや対応、優しさなどが心配

など、多くの方が、この様な点で最終決定になかなか踏み切れないのではないかと思います。

当院では、この様なご心配にできるだけお応えるように、下記の準備を行っております。

当院の歯並び治療の体制など

イメージ画像

まず当院の価格設定についてですが、コストパフォーマンスだけを考えると、割安にしているつもりではありますが、他院と比べると少々高価に感じるかもしれません。

しかしその分、治療成績、治療期間、治療の快適さ、後もどりや副作用の無さなどで、治療全体のクオリティーの高さを感じていただけると考えています。




イメージ画像

当院では、余程のことがない限り、治療開始前に提示させて頂いた価格を変更することはありません。 また、通院のたびに調節料等の追加料金を頂くようなことはいたしません。※精密検査後にお伝えした金額が変わることはありません。




イメージ画像

お支払方法は、現金一括のお支払いを基本としていますが、「窓口分割」「クレジット」「ローン」など、その方に応じた方法を提示することも出来ますので、お気軽にお尋ねください。




イメージ画像

当院の一番の専門科である矯正歯科は、常駐する院長が担当しておりますので、診療日であれば常時対応可能となります。(要予約)

また、矯正医が非常勤の医院と比べると、急に装置が壊れた時や、不慮の事態において、お困りになることは少ないと思います。

※通院間隔は1〜3ヶ月のことが多く、積極的に歯を動かしているときは1ヶ月、経過観察や永久歯の萌出待ちの期間は3ヶ月のようになります。

イメージ画像

治療途中での中断や転医は、治療成績や治療費、治療効率を考えるとできるだけ避けたいところです。

しかし、やむをえない場合は、治療の進行度合いに応じた返金や、転居先の近医の紹介という形を取らせていただいています。

イメージ画像

まず、見栄えについてですが、透明なブラケット、白いワイヤー、透明なゴム、歯の内側に付ける装置など、見栄えを特に気にされる方のために、様々な形で準備させていただいています。

次に装置の違和感ですが、一般的に大人になるほど強く感じやすいようです。子供は順応性が高いようで、ご両親の思われるほどは本人は感じていないことが多く思います。 (個人差の多いことですから慎重に進める必要がありますが)

また、痛みや副作用については、当院では弱い力で緩やかに穏やかに治療を行っていきますので、根の吸収などの副作用や痛みをできるだけ軽減できていると考えています。

この副作用についてもう少し詳しくお話しします。まず、薬にも副作用があるように、医療というものにはこの副作用が付き物です。

矯正治療の場合考えられる副作用には、歯の根が溶けるということがあります。動物実験で精密に調べて見ると、歯を動かす場合、レントゲン上では問題なく見えても、 この歯の根が溶けるという問題を避けるということは出来ないようです。

となると、問題はその程度ということになってきます。矯正治療により、根の吸収が大きくなって、歯の寿命に問題が生じるようであれば、矯正治療を避けたほうが良いことになりますので。 これらを調べるには、現在の根の長さと周りの骨の状態をCTで歯一本ずつ調べる必要が出てきます。当院ではCTを常設し、CTを用いた精密な検査と、治療途中の経過を調べることが可能です。

次に、歯周病やむし歯です。これらは、治療中のお口の衛生状態によるものが多いのですが、もともと根が短かったり、周囲の骨が少なかったりしては良い予後が予測できませんので、 事前にそのような問題が無いことを確認する必要があるといえます。

重ねてお伝えしますが、当院ではこのような副作用が最小限となるよう、細心の注意を払い、考えられる危険性はすべて排除していくよう努めております。

また、後戻りについても、ご心配の事と思います。当院では、不正な歯並びの原因を追究し、それを取り除くことに重点を置いています。 治療終了までに一緒に努力して行きましょう。原因が無くなれば、再発する危険はとても少なくなります。

イメージ画像

これまでの経験から、専門的に自立して誰の手助け無く一人前の矯正歯科医となるには、おそらく最低でも卒業後10年〜15年は必要であると感じています。

当院の矯正を担当している院長は、矯正歯科認定医として25年の治療暦を持っており、その点においても、より高いクオリティーで治療サービスを提供できると考えています。

また、歯科治療の中でも、インプラント治療を上回る困難さがあるのが矯正治療です。それは医科で言うところの、脳外科医に匹敵するものと考えています。

この様な困難さから、矯正歯科のみの専門性を掲げている医院が多いのですが、当院では最新の技術と機械を駆使して広範囲で包括的な治療を行っております。

それは、歯科全般の守備範囲から歯を長持ちさせたり、治療に無駄が無く合理的であったり、 通院などが簡便であったりする利点を考えいるのと、長期に観察することが矯正治療後の一番大切な安定要素と考えてるからです。

また、矯正治療を終えた後の、保険を使っての定期的な掃除やチェックは、経済的にも喜んで頂いているところで、同時に行う矯正のチェックも無料で行っていますので、患者さんの負担を軽減できております。

はやしま歯科・矯正歯科は、これまでの600余の症例経験を大切に、現在の矯正治療に活かして皆様に快適に不安に感じられることの無い優しい治療を目指しています。