マルチブラケットの動的治療を終えた方に

動的治療の長い間には、色々なご苦労があったことと思います、まずはお疲れ様でした。 皆様は良い歯並びの獲得という、ひとつのゴール到達を達成されたわけです、おめでとうございます。

しかし、これからのリテーナーを装着する、保定という治療過程は地味ですが今までの治療効果を維持するという、とても大切な役割を目的とした治療を開始します。

歯は一生動き続けます。特に今回の動的治療の終了時には、歯の周りの骨がゆるくなっていますから簡単に動いて元の位置に戻ってしまいます。

このことを念頭においていただいて、下記のことをしっかりと守って、費用と時間を掛けて獲得した成果を本当に自分のものとしてください。

今後守っていってほしいこと

イメージ画像

まず、始めの3ヶ月がとても大切な時期です。食事のとき以外、24時間リテーナーを装着しましょう。

特に、学校などでも装着が必要です。始めは違和感があるかもしれませんが、頑張ってください。



イメージ画像

リテーナーと歯の間には少し隙間があります。ジュースなどの飲み物や甘い食べ物はその間に留まり、むし歯や歯周病の原因となります。 おやつや間食などに気をつけましょう。基本的には食べたり飲んだりしたらすぐに歯ブラシをするものと思ってください。



イメージ画像

リーテーナーは熱で変形します。熱いお茶などは飲まないようにしてください。 併せて、くれぐれも熱湯消毒しないように注意してください。また、汚れがつきやすいので受付で販売しているデントエラックなどの洗浄剤で週に一度は洗浄しましょう。



イメージ画像

通常は動的治療後、子供の場合で約1年、大人で1.5年はリテーナーの24時間装着が必要です。 またその後、夜のみの装着も同じ期間を必要とします。症例によって異なる場合もありますので診療時にお尋ねください。

イメージ画像

リテーナー装着終了後も、新しく現れてくる癖で歯並びを壊さないという意味で、定期的な観察がとても有効です。 3ヶ月に一度の歯の定期点検のときに併せて見せていただくと安心です。

イメージ画像

リテーナーは、有料(一つ\15,000税別)ですが、作り直すことができます。 リテーナーをはずしたときは、所定のケースに入れて、無くさないように、また壊さないように大切に扱ってください。